壽々喜園 園主の「お茶屋の裏話」

2020年11月


お茶屋でなぜ海苔を売っているの?

2020年11月26日

みなさんも、「お茶と海苔」の二つを看板に掲げているお店を見かけたことがあるかと思いますが、「お茶と海苔って、関係あるの?」と不思議に思ったことはありませんか?

お茶屋さんで海苔を売っている理由。
それは、少しでも多くお店に足を運んでもらいたいお茶屋さんのアイデアでした。

そう聞いてもピンとこないかもしれませんが、かつての一般家庭ではお茶を買う頻度より、海苔を買う頻度が高かったからです。

現在の食卓では、朝食はパンとコーヒー派という方も多いですが、昭和の時代までは、ご飯に海苔にお味噌汁、というスタイルが主流でした。

おにぎり、海苔巻きも、現在のようにコンビニで買うものではなく、家庭で作るものでした。

つまり、比較的どこの家庭でも、海苔は欠かせなかったのです。
しかも、今は海苔を買うと言えば焼きのりですが、かつては乾し海苔(ほしのり)を買って、自宅で焼いて使っていたのです。

お茶も海苔もどちらも乾燥したものなので、保存性がよく同じお店で扱いやすかったので、海苔屋さんでもお茶を売っていました。

食生活の変化によって、海苔の小売りをするお店はずいぶん少なくなりましたが、今でも海苔を売っているお茶屋さんが多いのはこういうわけです。

壽々喜園もお茶の専門店ですが、選び抜いた焼き海苔をお店に並べています。
このエントリーをはてなブックマークに追加


今だからこそ知っておきたい、緑茶だけに含まれる抗ウイルス成分

2020年11月11日

緑茶の健康成分といえば「カテキン」が有名ですよね。
カテキンは、高い抗酸化作用で、老化や生活習慣病につながる体内の活性酸素の発生を抑えたり、働きを弱めることが知られています。

長生きや日々の健康ももちろん気になりますが、今は新型コロナウイルスが一番心配…という方も多いのではないでしょうか。

そこで、ぜひ知っておいていただきたいのが、緑茶だけに含まれる抗ウイルス成分「エピガロカテキンガレート(EGCG)」。

茶カテキンには様々な種類があり、大多数は緑茶や紅茶、烏龍茶など、多くのお茶に共通しています。
ところが、このEGCGは今のところ緑茶以外からは抽出されていないそうです。

お茶の健康成分は近年注目されており、研究によって様々な効能が明らかにされてきていますが、抗ウイルスという点ではEGCGが特に強く作用するそうです。

杏林予防医学研究所の山田豊文先生は、日本人の新型コロナの致死率の低さと緑茶を日常的に飲んでいることの関係に着目されています。

テレビなどでよく図解されているように、コロナウイルスなどのウイルス粒子の表面にはタンパク質の突起(スパイク)があり、それを突き刺すような形で鼻やのどの細胞に感染します。
EGCGはスパイクに結合することで、いわばとげを覆い隠すようなかたちになり、細胞表面へのウイルス吸着を防いでくれるのです。

ちなみに、やはりお茶に含まれるエピガロカテキン(EGC)には粘膜免疫系の働きをよくする効果があるそうです。

ただ、このEGCとEGCGの効果を二重取りすることは残念ながらできません。
EGCGが抽出されやすいお湯の温度は80℃前後。
この温度で淹れるとEGCGがよく抽出されますが、EGCの効果は弱まってしまいます。
水出し緑茶の場合は逆に、EGCの効果が高まりますが、EGCGが少なくなってしまいます。

EGCGは高熱によって失われてしまうため、茶葉を焙煎するほうじ茶ではなく煎茶が最適です。

抽出する温度で、味わいだけでなく健康作用も変わってくるなど、お茶は本当に奥が深いものです。
ぜひ多くの方に、お茶のパワーをもっと知っていただき、健康な暮らしづくりに生かしていただきたいと、思う園主でした。

もちろん壽々喜園でも、美味しい煎茶を多数取り揃えています。
浅草にお越しの際は、ぜひお店で召し上がってみてください。
WEBショップからのお求めもぜひ!

壽々喜園WEBショップはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

<参照サイト>



園主のご挨拶

2020年11月1日

”観音裏”と呼ばれる浅草寺の裏手、下町情緒が残るエリアに店を構える壽々喜園は、江戸時代から続く諸国銘茶問屋です。

茶匠の資格も持つ園主が、各地から選りすぐりのお茶をおすすめしています。

これまでお客様とお話をしていて、私たちお茶屋にとっては当たり前でも、お伝えすると驚かれたり喜ばれたりする”小ネタ”が意外とあることに気づきました。

そこで、園主が日々のお茶選びのなかで見たり聞いたり学んだりした、お茶にまつわるあれこれや知っておくと得をする「お茶屋の裏話」を、より多くの方に知っていただきたいと思い、このブログを始めました。

壽々喜園のある浅草のお話も時々するかもしれません。

いつものお茶も、その舞台裏を知ることでよりおいしくお楽しみいただけるかと思いますので、ぜひご覧になってみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加